妊娠中でも安心して飲めるハーブティー

妊娠中は、冷え・むくみ・便秘などの体調管理に気を付けたいですね。

日々の生活の中に簡単に取り入れられ、体調管理をサポートできる最適な飲み物としてハーブティーが挙げられます。

妊娠中に飲むとよいとされているハーブには、以下のものがあります。

ルイボス・・・妊娠中に不足しがちな栄養素である亜鉛・カルシウム・鉄分を補ってくれます。

ラズベリーリーフ・・・子宮をサポートし、安産によいハーブです。産後には母乳の出を良くする効果があると言われています。



ダンデライオンルート(たんぽぽの根・たんぽぽコーヒー)・・・妊娠中のむくみを解消すると言われています。産後には母乳の出を良くする効果があると言われています。

ローズヒップ・・・ビタミンCが豊富に含まれているハーブで、妊娠初期にある胸のむかつきや食べつわりをすっきりさせてくれます。

ハイビスカス・・・妊娠中毒症や、むくみの予防・改善によいと言われています。

ネトル・・・鉄、カルシウム等のミネラルが豊富に含まれる血液をつくるハーブで、妊娠初期に起きやすい貧血によいと言われています。

カモミール・・・足のむくみが気になる時によいハーブです。

オレンジピール・・・体を温め、冷え性を良くしたいときに効果があるハーブです。

上記の中でも、ルイボスは美容にもよいとされているハーブで、ノンカフェインなので妊娠中でも安心して飲める健康茶です。なんといっても、ミネラルを手軽に補えるので、妊婦さんの間で人気のハーブティーです。

あっさりとしてクセがない味なので、香りがきついハーブティーは苦手・・・という方にも安心です。